ホワイトLED55の効果がスゴイ!-安心・安全・速いを叶えるホワイトニング-

ホワイトLEDの効果

さまざまなセルフホワイトニング機器があるなかで、ホワイトLED55のなにがそんなにスゴイのか?

カンタンに言うと、痛みがなく短時間の施術で自然な白さへとアプローチできる!ということ。
施術を受けるユーザーはもちろん、効率をもとめる事業者にとっても大きなメリットが得られるのがホワイトLED55なんです。

どんな仕組みで歯を白くしていくのか、どのような薬剤やライトを使うのか。
ホワイトLED55の特徴とホワイトニングの流れについて詳しく知ることで、より安心して機器導入・サービス提供ができるはずです。

酸化チタン×青色LED=光触媒のスゴイ効果

ホワイトLED55は酸化チタンとLEDの化学反応を利用して歯を自然な白さ・明るさへと導く、新しいタイプのセルフホワイトニング機器です。

酸化チタンは化粧品や歯磨き粉に含まれているほか、着色料として食品にも使用されている安心・安全な無機化合物。

酸化チタンに青色LEDを照射することで、光触媒という化学反応が発生します。
光触媒による有害物質を炭酸ガスや水に分解して無害化する働きを利用して、歯のステインを分解・除去。
光触媒は太陽光でも起こるので、建物の外壁やブラインド、エアコンなどを抗菌・脱臭・防汚するコーティング剤としても活用されている優れものなんです。

青色LEDの波長域は紫外線から離れている可視光線なので、日焼けの心配もナシ。
身体にやさしい溶液とライトによって、安全性の高いホワイトニングを実現してくれるのがホワイトLED55の大きな魅力です。

光触媒の作用でホワイトニング

【1】歯の表面には通常のブラッシングでは落とせないステイン(着色汚れ)が付着しています。

【2】酸化チタンの溶剤を塗布してステインを覆いLEDをあてると光触媒が起こり、汚れを浮き上がらせます。

【3】汚れが落ちた歯が酸化チタンにコーティングされることで、新たな汚れがつきにくい状態が続きます。

【4】定期的に施術することで、汚れのないツルツルとした歯がキープできます。

白くなるだけじゃない!光触媒のうれしい作用

ホワイトニングに光触媒を用いることで得られる効果は大きく4つ。

・汚れの分解(ステイン除去)
・抗菌、殺菌
・消臭
・コーティング

歯をキレイにするだけでなくコーティングもしてくれるので、新たな汚れがつきにくくツルツルとした気持ちのいい状態が続くのもうれしいポイント。
抗菌作用のおかげで口内炎の予防ができ、口臭も除去できるので、トータルでお口のケアができちゃうのです。

従来は、歯のエナメル質を溶かして漂白することがホワイトニングの基本でした。
しかし歯や歯茎にダメージを与えて施術時に痛みを生じてしまうほか、一時的に歯の強度が低下する、施術後は着色しやすいので食事内容に制限があるといったデメリットと隣り合わせ・・。

その点汚れを落とすことに特化したホワイトLED55なら、痛みをともなうことなくナチュラルな白さに戻し、キープすることが可能

ホワイトLED55の安全性や性能の高さが人気の秘訣だと、少しずつわかってきたのではないでしょうか。

LEDライトは安全って本当?

ホワイトLED55は、ホワイトニングネットがオリジナルで開発・製造している自慢のマシン。
発する光には紫外線を含まず、ホワイトニングの成果につながる波長であると東京都立産業技術センターによる試験結果を得られています。

LEDの波長を解説

セルフホワイトニングのほかにもLEDライトを使用する美容機器があり、紫外線を含むケースも。
ホワイトLED55の光は可視光線という紫外線から離れた波長域なので、身体に安全な施術を行なうことができます。

ホワイトニング溶液の危険性は?

セルフホワイトニングについて、身体に悪影響はないのかと気にする人も多いのでは?

口の中に溶液を塗布してライトを浴びるなんて・・お客様は不安な気持ちになるかもしれません。
歯科で受ける方が安心だと考える人も少なくはないはず。

安心して施術を受けてもらえるよう、ホワイトLED55の品質について詳しくみていきましょう。

ホワイトLED55
(セルフホワイトニング)
歯科
(オフィスホワイトニング)
溶液の成分 酸化チタン 過酸化水素
過酸化尿素
光源 青色LED(熱くない) ハロゲン(熱い)
効果の現れ方 一度の施術で効果は期待できるが、定期的に継続することで効果が続く 一度でハッキリわかるほど白くなる
口内への影響 人体への悪影響はない。
歯周病菌の抑性や歯垢の除去に役立つ。
歯茎に付着すると痛みをともなう。
知覚過敏のような症状が出ることがある。
作用 光触媒で汚れを分解。
その他、殺菌・抗菌・消臭作用あり。
歯のエナメル質を溶かして色素を漂白することで汚れを落とす。
施術後 歯の表面がコーティングされるので、どんな食事を摂ってもOK。 一時的に歯の表面がはがれて汚れがつきやすくなるので、着色しやすい食品を避ける必要がある。
虫歯・人工歯の可否 可能 施術できない

具体的に比較してみると、歯医者さんだから安心というワケではないのがよくわかります。

歯科に通院すれば国家資格をもった医師に施術をしてもらえる・即効性が望めるといったメリットはありますが、歯に与える負担を考えるとセルフホワイトニングの方が安心。

また歯科で受けるオフィスホワイトニングは、一度の施術が15,000円~30,000円と高額。
その点セルフなら1回3,000~5,000円前後に設定しているサロンが多いので、必要以上にお金をかけることなく美しい歯を維持することができます。

施術時間30分以内の高回転率!

1回の施術でホワイトLED55を使用するのは、8分×2回が基本。
前後の作業を含めても30分程度ですべての施術が終わります。

セルフホワイトニングの流れ

1、カウンセリング・機械操作の説明・同意書の記入。
(2回目以降は、同意書記入後すぐに施術がはじめられます)
2、歯を磨いて汚れを落としておく
3、口にオープナーを装着
4、歯に溶液を塗布する
5、アイガードを着けて、LEDを8分間照射
6、2~5までの流れをもう一度繰り返す
7、2回目の照射後、うがいをして口の中の溶液を流す
8、トリートメント剤を塗布して終了

以上の流れは、30分ほどあればすべて完了します。
何時間も費やす必要がないので、仕事の休憩時間や外出時にちょっと立ち寄るだけでOKという気軽さがセルフホワイトニングの魅力。

お店にとっては施術時間が短いので高い回転率を見込めるほか、スタッフがつきっきりにならなくてもお客様自身で施術を行なえて人件費がかからないのはうれしい限りです。
歯の白さを維持するためには定期的なメンテナンスが必要なので、リピーターも定着。

ホワイトLED55によるホワイトニングサービスの導入は、お客様にとってもお店にとっても大きなメリットとなるはずです。

  • この記事を書いた人

yomi

セルフホワイトニングで事業を始めるために必要なこと。
それはマシン選び!
サロン開業を成功させるためにあれこれ勉強してきて、たどり着いたホワイトLED55のことを惜しみなくシェアします^^

更新日:

Copyright© 【ホワイトLED55】人気のホワイトニング機器、格安導入の秘訣! , 2019 All Rights Reserved.